歯周病の治療と特性

歯科治療する男性

歯周病の治療は歯医者さんで、一般的に行われています。 実は、毎日しっかり歯磨きをしていても、磨き残しは出てしまうと言われています。 磨き残しをそのまま放置していると、歯垢から歯石となり、ブラッシングで取る事は出来ません。 歯垢や歯石の周りには「プラーク」と言われる、細菌が繁殖しやすくなり、この細菌が出す毒素が原因で、歯茎が腫れてしまうのです。 歯医者さんでは歯石を取る施術を行い、歯周病を治療します。 歯石を取り除く事で、歯茎の炎症も収まり、また歯周病の進行を抑える事も可能です。 しかし、1度治療を受けたからといって、その後全くメンテナンスをしなければ、また歯石ができ歯周病が進んでしまう為、注意しましょう。 歯の健康を守るには、定期的に歯石を取るメンテナンスを、歯医者さんで行う必用があります。

歯周病は歯医者さんでの治療で、改善する事が可能です。 ただ、症状により治療にかかる期間に、違いが出てくる為、その点は注意しましょう。 まず軽度の歯周病の場合、歯と歯茎の隙間についた歯石を取るだけなので、比較的治療にかかる時間は短いと言われています。 一般的には3回から5回程度の施術で、治療は完了します。 歯周病が進み骨が少し溶けてしまった状態では、2ヶ月から半年程度の、治療期間がかかるでしょう。 治療も歯茎の奥についた歯垢を取り除く必要がある為、麻酔を使うケースが少なくありません。 重度の場合は4か月から1年と、治療が長期間にわたるケースが、多いようです。 このように、症状が重くなればなるほど、治療に時間がかかる為、歯周病は早めに治療を行う事が大切です。